本文へスキップ

北見通運株式会社は北海道北見市を拠点とする総合物流企業です。

TEL. 0157-66-1200

〒099-1587 北海道北見市豊地93番地1

安全・環境への取り組みsafety & environment

安全への取り組み


「安全衛生大会の開催」平成30年6月15日

 社員一人ひとりの安全に対する意識を高め、労働災害・交通事故を未然に防止し、真に安全な職場を形成すること目的に毎年開催しています。
 平成30年度は来賓として北見警察署交通課係長、北見交通安全協会専務理事のお二方に講話を頂き、特別講演として東京海上日動リスクコンサルティング(株) 奥田啓介 様 に「予測運転の実践による交通事故防止」の演題で講演をしていただきました。社員代表による大会宣言(輸送課 松崎昭彦)を行い、無事故・無災害を決意し大会を終了しました。

H30安全大会

「職長教育の実施」平成28年6月22日・24日

 作業現場で直接指導または監督する者を対象とした職長教育を、北海道安全衛生研究所の佐藤尚武氏を講師にお招きし、所属長・班長・副班長11名の参加にて2日間にわたり教育を実施をしました。
 今後も業務に必要な安全・衛生に関する教育を推進して労働災害ゼロを目指して参ります。

H28職長教育

「フォークリフト運転業務従事者安全衛生教育講習の開催」平成28年4月24日

 フォークリフトの運転業務に従事する社員を対象とした安全衛生教育講習を実施しました。
 講習は北見労働基準協会主催によるもので、当社各事業所から58名の受講者の出席により、北見市サンケイビル3F会議室において午前9時から開催され、「最近のフォークリフトの特徴」、「フォークリフトの取り扱いと保守」、「災害事例及び関係法令」を中心に学び、安全衛生作業の重要性を再確認しました。

教育の種類 教育内容
定期教育(5年ごとに受講) 最近のフォークリフトの特徴
フォークリフトの取り扱いと保守
災害事例及び関係法令
2時間
2時間
2時間
H25安全体会イメージ


Gマークイメージ

「安全性優良事業所認定証(Gマーク)の取得」


本社営業所*更新
期間:平成30年1月1日〜平成33年12月31日(4年間)

オホーツク支店
期間:平成28年1月1日〜平成31年12月31日(4年間)

 Gマークは、国土交通省指定の全日本トラック協会が貨物自動車運送事業者の安全性を評価・認定し、消費者や荷主企業がより安全性の高い事業者を選ぶための指標となるべく導入された制度です。


環境への取り組み


新開発コンテナイメージ

「グリーン物流パートナーシップ事業への参加」

グリーン物流パートナーシップ会議」は、物流分野におけるCO2排出削減に向け、荷主企業と物流業者が協力して対策実施するための体制作りを推進しています。 この対応として、当社では特製の20フィートコンテナを開発しました。荷物である合板が積みやすいように、一般的なコンテナより高さがあり、容積が大きく屋根が開閉できるようにしました。二酸化炭素の排出量削減のほか、道内−首都圏間での空荷を生じないことで輸送効率の向上も図りました。この事業は道内初の「グリーン物流パートナーシップ会議モデル事業」となりました。


バナースペース

北見通運株式会社

〒099-1587
北海道北見市豊地93番地1

TEL 0157-66-1200
FAX 0157-66-1300
0120-125480